Latest Entries

大腸憩室症

何をさておいても腸をキレイする。
そうしないと何らかの悪い影響が体に出てきます。

今回は、腸が汚れていることによって現れる主な病気について調べてみました。


ちなみに癌で死んでしまう人の部位を見てみると
男性は「肺」「胃」「大腸」の順になります。
女性は、「大腸」「肺」「胃」の順になります。

下記、グラフはクリックして見てください。
拡大画像で見れます。

死亡率

悪性新生物の部位別死亡率 出典:厚労省


ここもと、男性と女性のどちらも
「肺」と「大腸」が増加しており、「胃」は横ばいになっているようです。

肺ガンと大腸ガンが増えてきているということですね。
肺がんになるくらいならタバコをやめたらいいのに・・・
くらいのことははわかりますが

腸が詰まってしまう便秘の延長戦状には
とんでもなく怖い病気があります。

大腸憩室炎

憩室(けいしつ)というのは大腸の壁の一部がそとへ袋状に飛び出しているものになります。

大腸憩室炎


原因は、便秘が続くと腸の筋肉が厚くなって腸内部の圧が上がります。血管が腸の壁を貫く場所は筋肉がなく弱いので、粘膜が反転脱出します

そこに、便がつまったりして炎症を起こすと、腹痛や発熱、下血をきたし、
ごくまれに急に大出血しショック状態になったりもするようです。

腸の中に変な小部屋ができて、そこに便が溜まって病気になるなんて・・・
とにかく腸をキレイにしよう。

99人に嫌われても、1人に好かれろ

99人に嫌われても1人に好かれたい・・・


若い頃、よく思いました。
99人に嫌われても、一人の女性に骨の髄まで惚れられたい・・と。

なんか変な出だしになりましたが
今日は、文章を書く際に大事なマインドについてお話しをしたいと思います。
相手にどう思われるべきか・・・という話です

文章を書く際に大事なこと、それは

「自分の色を強く出すということ」です。

わかりやすく言うと
「自分の意見に共感してくれる人だけに読んでもらう」ような文章を書くということです。

もっとわかりやすく言うと、
「自分に対しての好き嫌いがはっきり分かれるような文章を書け」ということ。

さらに過激に言うと
「99人に嫌われてもいいから1人の読者にだけ共感されろ」
となります。

人間、誰しも嫌われたくないので
なるべく多くの人に好かれたいと思う気持ちは誰でもあると思いますが
他人の顔色や評判、世間体ばかり気にしていたら
文章自体が中途半端な文章になり
「普通」「まあまあ」な人ばかりが集まり
全く儲けられません 。

そうなんです。
「普通」「まあまあ」というのは、
ビジネス的資産価値としては”0”に等しいのです。

ここに面白いイソップ物語があります。

「少年とロバ」という物語です。

ロバを飼っていた父親と息子が、そのロバを売りに行くため、町へ出かけた時の話。
2人でろばを引いて歩いていると、それを見た人が
「せっかくロバを連れているのに、乗らずに歩いているなんてもったいないことだ」
それを聞いた父親は息子をロバに乗せました。

しばらく行くと別の人がこれを見て、
「元気な若者が楽をして親を歩かせるなんて、ひどいじゃないか」と言うので、
今度は父親がロバに乗って、息子が引いて歩きました。

また別の者が見て、
「自分だけ楽をして子供を歩かせるとは、悪い親だ。いっしょにロバに乗ればいいだろう」と。
それもそうだと思い、2人でロバに乗って行きました。

すると今度は
「2人も乗るなんて、重くてろばがかわいそうだ。もっと楽にしてやればどうか」
と言う者が現れ、父親と息子は、ロバが楽になるように、
1本の棒にろばの両足をくくりつけて吊り上げ、2人で担いで歩いていったそうです。

しかし、不自然な姿勢を嫌がったロバが暴れだし、
不運にもそこは橋の上あったので、暴れたロバはが川に落ちて流されてしまい、
結局親子は、苦労しただけで一文の利益も得られなかった・・・というイソップ物語。

このイソップ物語の教訓

人の意見ばかり聞いて、それに左右されて主体性のない行動を取れば、
時としてひどい目に遭う



話を元に戻します。
文章で自分の考え方を強く押し出すと、多かれ少なかれ嫌われます。
人にはそれぞれそれまで生きてきた人生があり
それぞれの考え方があるので、それは仕方ないことです。
でも、それでいいのです 。

この少年とロバの話のように
全員の意見を聞き入れることは不可能です。

全員の意見を中途半端に反映した文章からは、ものは売れません。
そんなセールスレターからは誰もモノであれサービスであれ買ってもらえないのです 。

要するに、あるレベル以上に好感、共感を持ってもらわなければ、
あなたの文章からは、ものは売れません。

だからこそ、あなたが文章を書くときは 、
人の評価や世間体なんて気にせずに
ガンガン自分を出した文章を書いた方がいいですね。


100人の読者が「まあまあ」と思っている文章ではなく
99人に解除されても1人の共感してくれる文章を書く。

そうすれば、その中の1人が、
お金を払って自分の商品や紹介するものを買ってくれます。
これで成約率1%の文章になります。

99人に「要らない」といわれても、
1人に「欲しい」と言われる文章を書きましょう。

その方が、気楽で楽しく文章が書けますね。
そして、その方が稼げそうですね。

是非心がけてみてください。

ダイエット法やサプリメントなんてやめちまえ・・・


最近、健康のことが気になってしょうがないのですが
腸って大事だなあーって思います。

脳腸は繋がっているとかいう人もいるくらい。
実際にクラゲは脳と腸が一つになっている。

変な食べ物を見ても脳は騙せても
腸は騙せない。

明らかに体に変調が起こる。

あなたが本心から健康になりたいのなら
腸を綺麗にしよう。

今回の話は汚い話が多いので
食事前とか、便とかいう話が嫌いな人は
ここから先は読まないでください。

体の中を通ってきた老廃物を認識して排出してくれるんです。

いろんな健康法やサプリメント、ダイエット食品なんかに
手を出す前に腸を綺麗にしよう。

皮膚の荒れ、匂い、疲れ、痛み・・・
あらゆるもののほとんどの原因は腸であることが多い。

全ての病気の源は腸が汚れていることから起こる。

腸が汚れる???

もともと腸なんてウンコが出るところなので綺麗なわけない。
しかし生まれて間もない赤ちゃんの頃の
腸って、ピンク色で綺麗だった。

それが年齢を重ねるとともに汚れて来る。

便秘になったり、便が緩かったり・・・

腸の中がうまくいっていない状態だから起こります。

あなたが本当に健康になりたいのなら、
先ずは腸の中に溜まっている全ての宿便を出してあげる。
これが一番大事。

腸を綺麗にしないと話が始まらない。

あなたはトイレを詰まらせたことはありますか?
長い間生きているなら一度や二度はあると思います。

便器が便やトイレットペーーパーで詰まってしまい
スムーズに流れない状態。

その詰まった便器と同じようなことが
あなたの腸の中で起こっています。

宿便が溜まって流れない。
長い間溜まったせいで腐ってくる。

腐ったものは早く出さないと周りが腐ってきます。

もし冷蔵庫に腐った食べ物があったら
真っ先に捨てるでしょう?

それと同じで腸の中で長い間溜まった宿便は一刻も早く流し出してやる。

もし、流し出さないで溜まってしまったら
その周りの宿便まで腐って来る。

腸が詰まってスムーズに流れないので
その宿便が腸の中を逆流する。

そうすると、腸の表面から毒素が滲み出て
それが表面化する。

皮膚の荒れ、匂い、疲れ、痛み・・・になる。


腸の役目で一番大事なのは
毒素を出してくれるということです。

腸が汚いと、腸が正常に動かない。

腸が正常に動いているから宿便が出る。
腸を綺麗にすることで輝けるあなたの人生の第一歩が始まる。

腸の筋肉が活発に動くように気を使ってあげよう。
腸を綺麗にしよう。


次回は腸が汚れたら
どんな病気になるか調べておきます。

ではでは。




失敗が確定するとき

諦めた地点で失敗が確定する。


一年に一回の家族旅行。
夏休みは奥さんと二人の子供を連れて海外旅行へ。

幸せな気持ちと、こんな平和がいつまで続くのか???と
将来に対する不安を感じながら
パパは頑張らないといけない。

今回は、せっかく予約していたホテルがダブルブッキング。

抑えていたホテルが取れていなかったのである。
夏休みの超繁忙期で空いている部屋も少ないとのこと。

倍くらいの値段がする大きな部屋なら空いているとのこと。
こっちに非がないのでホテル側に
ホテル代の差額分は負担するように言いたいが
なんともかんとも英語が出てこない。


頭の中で言いたい日本語は渦巻くが出てこない。
もどかしい・・・。

やむなく高い部屋へ・・・
思わぬ出費。
帰国後は節約の毎日?


車をレンタルする時の保険の説明を聞いている時も
何がなんだかわからなかった。

事前に調べておけば、困らなかったはずなのですが、
気軽に考えていたので準備していなかった。

日常で使う英語くらい、きちんと喋れないと情けない。
かっこ悪い・・。


ふと思い出した。
約20年前の20代の後半の頃、
英語を勉強していた頃があったなあーと。

単なる英会話でなく
英語でビジネスをしたい
それはカッコイイと思った時期がありました。

会社で留学をできる制度があったり
海外の情報を英語で読むことが嬉ししかった。

朝起きて、通勤時間、歩いている時間、トイレ?
あらゆる隙間時間を使ってリスニングをし
英単語を覚えるための努力した。

結果、約3年間で、500点くらいだったTOEICが800点まで行きました。
800円のスコアを見た瞬間、
嬉しかった反面、英語に対する情熱が切れてしまった。

TOEICの点数をとるために勉強することに疲れてしまったのです。

何がいけなかったのか???
TOEICの点数だけとってもしょうがない。
その先の目的、目標が大事だった。

語学留学ってありますよね。
語学留学って意味不明。

語学って、単なるツールであって
その語学を使って何を喋るのか?
その語学を使って何をするのか?
こっちの方が大事なのに語学を勉強する???
語学留学なんて意味ないと思います。


なんだかんだ講釈を垂れていますが
とにかく僕は英語の勉強を道半ばでやめてしまった。

30歳手間になって、英語を勉強することが大事でなくなったのです。
英語を勉強したての頃の新鮮な気持ちがなくなっていき
最後には限りなくゼロに近づいていった・・・FADE OUT。

もし、あれから20年間、英語の勉強を続けていたら
今回の旅行中のトラブルなんか何てことなかっただろうに・・・
英語を勉強することをやめた。


英語続けておけば、今の人生も変わっていたかもしれない。
いや、良くなっているか悪くなっているかはともかく
人生は今とは違っていたはずである。
とにかく、英語で仕事をするという憧れを諦めてしまった。

英語を勉強しなくなった分、身についた知識や知恵もあるので
後悔はしていない。

その瞬間、瞬間で自分が下した決断の積み重ねが今の自分を作っている。
起こったことは正しい。

しかし同じことを続けるのは大変だ。
一つのことを徹底的に掘り下げる。
イチローのように、その道の職人になる。

イチローのような達人になれなくても
ずっと続けていたらいつかはできる。

失敗は諦めてた地点で確定する。
失敗を成功できないための方法論を一つ知ったと思えれば
自分のゴールに対する気持ちが変わっていなければ
いつかはゴールに辿り着く。

成功したいなら諦めないこと。
失敗は諦めた地点で確定する。


今回の家族旅行で思ったことでした。


永続する余暇

長い間、サラリーマンをやっていると自由な職業というものに憧れてしまう。
無いものねだりをしたくなる。


サラリーマンといえば・・・
毎日、ぎゅーぎゅー詰めの満員電車に揺られ
大嫌いな上司に言われたく無いことも言われるのをひたすら我慢して
子供には脛をかじられる。

給料が下がる、残業代カット、リストラ、終身雇用の崩壊・・・等々

サラリーマンの不安感を煽ればきりが無い。
サラリーマンには夢がない。

という謳い文句のホームページをよく見ます。


サラリーマンなんかやめて、こっちにおいでよ。
この商品を買ったら、人生変わるよ。
って書いてある。


パソコン一台で、一日30分、マウスをカチカチで月収100万円。
今時、こんなフレーズにハマって騙されるようなことはないですが

海外旅行に行って、高級車に乗って
好きな時に、好きなことをやって
家族とたくさんの時間を共有できて・・・

お金に困ることなく、一生涯に自由に生きる。

そんな生活に憧れたものです。

憧れた?
今は憧れていないのか?

50歳近くになり、
今までのサラリーマン生活のように拘束の多い生活から抜け出したい気持ちがない訳ではない。

しかし、高級車に乗って、海外旅行に行って
という陳腐な謳い文句には違和感を覚える。

今頃、気づいたか・・・と言われそうですが。

世の中に出回っている宣伝文句は

理想の未来として

海外旅行、高級車、高層マンション・・・

「一生涯、余暇が永続する」ことがいいとされている。

今、お金に不自由な人に向けてのセールスレターだからしょうがない。

それを真に受けて、憧れる受け手側の方に問題がある。

余暇が永続して悠々自適に暮らせても深い満足感は得られないような気がする。

わかりやすい眼前の世界で言うと
仕事が上手くいった時の充実感と
ストレス発散でカラオケで熱唱して拍手喝采を周りから得た時の充実感

比べると、言うまでもなく、前者のほうが深い満足感を得られる。

そうなのだ。

永続する余暇を究極のゴールにしても後が虚しいだけ。
仕事が人生の基盤であり、がんばって成果をあげる。
仕事で成果を出し、お客様に喜んでもらい報酬を頂く。

これこそが、生きているという満足感を120%引き出してくれるものになる。

余暇ではなく、仕事が人生の充実感を満たしてくれる。

今日は、この辺で。

歳をとるのを、ゆっくりさせる方法

あー月日が経つのは早いなあと思うことって多々ありますよね。

今年も、もうあとわずか・・・とか
会社に入って早20年・・・とか
ついこの前まで40代と思っていたのに50代の方が近かった・・・とか

とにかく月日の経つのが早く感じます。

小学生の6年間も早かったと思うかもしれませんが
今ほどは早くなかった。

中学校、高校の3年間、大学の4年間。

今となってはいい思い出ですし
終わってみれば中学校〜大学卒業までの10年間。

早かったような気がしないでもない。

しかし40歳から50歳までの10年間ほど早いとは感じていない。

40〜50歳までの10年間よりも
中学校〜大学卒業までの10年間の方が
充実していたし、時間がゆっくり流れていたし
成長していたような気がします。

そりゃ、大人になった10年間よりも
子供の頃の10年間の方が成長して当たり前といえば当たり前なのですが

若い時の方が時間がゆっくり流れていた。

10年間という時間の長さは物理的に全く同じものなのに
今の方が3倍、いやそれ以上、時間が経つのが早いと感じます。

時間が経つのが早いと感じるのは・・・

単調な毎日を繰り返しているとそう感じるそうです。
逆にいうと新しい発見があると時間の流れがゆっくりだと感じるようです。


子供の頃は、新しい発見に満ちていますね。
知らないことだらけで、何もかもが新鮮です。

だから時間の流れがゆっくりだと感じるんですね。

例えば、何かの目的である場所に初めて行った時
なかなか到着しなくて、時間がかかったように感じますね。

しかし、同じ道を通って帰るとき
時間はそんなに変わらなくても
かなり早く感じるってことありませんか?

それは一度見慣れた場所を通っているからです。

人は新しい経験をすると、時間の流れがゆっくりに感じるようです。

歳を重ねると時の経つのが早い!?

この時間の流れを、子供の頃のように
ゆっくりに感じるためには
常に新しいものに触れること
新しい経験をすると良さそうです。


新しい趣味を始めてみる。
新しい人と出会ってみる。

そうすることで同じ10年間が人よりゆっくり流れ
子供の頃のように充実した成長の感じる時を過ごせることになりそうです。

人生、いつまで経っても勉強ですね。

ではでは。



理不尽な上司

理不尽な上司

僕も、50歳近いので上司から怒られることは
あまり無くなりましたが
(怒られないように自分の仕事はキチンとこなしているつもり!?)
社内では、毎日のように怒られまくっている輩が数人います。

周りで聞いてるのも鬱陶しいくらい
毎日、おなじメンツが怒られている。

上司の怒りも、少し感情が入りすぎて論理的でない場面も多々ありますが
とにかく嫌いな部下は嫌いなよう
人間、そう簡単には変わらないものですね。

しかし、昔は理不尽なことばかり言われたもんです。
手柄は自分、失敗は部下の責任。
六本木に飲みにいったら全部支払わされた。
数字ができるまで、正座したままテレコール。
思い出せばキリがないですが

理不尽ば上司、理不尽な経験ってあると思います。
過去を振り返ると
何で俺ばっかり!
こいつ許さねぇー
ってついつい言いたくなる上司。


変な上司に仕えた
俺は不運だ
神様なんで俺だけこんな目に・・・

しかし、今もなお会社で生き残っている人は
みんな理不尽な経験をしてきている。

理不尽な経験、理不尽な上司がいたから
今の自分がある。

理不尽な経験、理不尽な上司のおけげで
何か磨かれた自分がいる。

理不尽なことを言われたり、されているときは大嫌いだった上司。
今は感謝している。

自分の息子をもとより、若い人たちには
ぜひ、理不尽な経験を、なるべく早い段階で味わった方がいいと思います。

明日から、理不尽なことを言いまくろうかな!?


ではでは。

自然治癒力、自分の体を信じよう

人間の体って凄いですね。
勝手に治るようにできている。

怪我をしても放っておいたら治る。

これ、自然治癒力って言います。

包丁で指を切ったら血が出ていたいですね。
すぐに塗り薬を塗って絆創膏をハッタリして応急手当をしますが
基本、放っておいても時間が経てば勝手に治ります。

他の物体なら、そうはいかない。

パソコンの調子が悪くなって動かなくなったけど
勝手に元に戻ったってことは無い。

携帯電話のバッテリーの消耗が悪くなった・・・
勝手には治らない。
バッテリー自体を入れ替えないといけない。

しかし、人間の体は違う。
僕たちの肉体は、自分で自分を治癒しようという力があります。

僕たちを頭(意識)と体(肉体)に分けて考えた方がわかりやすいかもしれない。

肉体は自然に健康になろうとするようにできています。
僕たちがアレコレと小細工をする必要はなく
僕たちがやらないといけないことは
僕たちの体(肉体)が勝手に健康になろうとすることを邪魔をしない。

できるだけのサポートしてあげるということです。

肉体が、自分で自分を治そうとする力。
それをサポートすること、それが僕たちの役目ですね。

邪魔をする行動

薬を飲む
水道水を飲む
添加物を口にする
殺虫剤を浴びる
重金属が体に入る

などなど

邪魔するものが体に蓄積する、または排除できないと、
自然治癒力というシステムが機能しない。

そうすると皮膚の表面に変な出来物ができたり
ビタミン、ミネラル足りなくなって不健康になる。

もっと自分の体を信じよう。
変なものに頼るのではなく

自然治癒力を信じて
自分の肉体をサポートする。

自然治癒力を邪魔するものや行動を取り除き
自分の肉体をサポートする。

自分の体を信じよう。

出汁のでる人生

最近の若い奴等は・・・
とついつい言いたくなってしまうオッサンの悪い癖。

会社でも、子育てでも
怒らずに褒めて伸ばせ!
とのこと。

まあ、怒るというのは第二感情なので
相手のことを思って怒ったか?
自分が感情的になってツイツイ怒ったか?
たぶん受け手は感じていると思いますが
とにかく怒るなとのこと。

またまた、欠点を埋めるよりも
長所を伸ばしてやれ!
とのこと。

まだ、人生経験の若い子供の本当の長所って?
本当に得意なことって?

まだ仕事の経験が浅い
若手社員の本当にやりたい仕事って?

好きなことをやる。
やりたいことをやる。
長所を伸ばす。


どれも今の時代らしく、いい言葉の響きに聞こえますが
人生経験若いのに、本当に好きなこと、本当にやりたいこと
を見つけるのは至難の技だと思います。

人間干されてナンボです。

世の中、出汁が取れるものって
全部、カラッカラッに干されているしょ?

昆布、鰹節、煮干し等々

全部、一旦干されたもの。

干されたから味が出る。

人間も同じ。

干された経験があって初めて人間としての味が出る。
得意なこと、好きなことばかりやってても
味は出ない。
人間としての深みは出ない。

嫌なことも、とりあえずやってみてると
本当に自分が好きなもの
本当に自分が得意なものに
気づくと思います。


カラッカラに干されて
いい出汁の出る人間になろう。

息子にも若手社員にも、そうであってほしい。

では、また。

新しい本の面白い読み方

本の面白い読み方

こんにちは、しまたくです。
最近、めっきり本を買わなくなりました。

速読の猿真似をしていた10年ほど前は
月に30冊くらい買っていました。

気になる本があったらまとめ買い。
アマゾンで古本も買いあさりました。

部屋中は本だらけ・・・
壁という壁が本棚でした。

パラパラとめくって
気になる箇所だけじっくり読んでいました。

100冊あったとしたら
10分くらいで読むものが80冊くらい。
30から40分くらいかける本が15冊くらい。
気合を入れて、時間をかけて読む本は数冊だけ・・・。

本当にいい本に出会うのは難しい!?

ある日突然、気づいたのですが
これだけ本を読んでるのに俺って大したことねえーーーー
でした。

ばったり本を読むのをやめました。
それでも、少しは買いますが・・・。

本の目次を見たら、おおよそ中身の予想は付くので
買ってもあまり意味がない。
特にビジネス本はそういう傾向にある。

目新しいものはない・・・
というかあるわけがない。

本のタイトルや帯に面白いものは沢山ありますが
中身は面白くない・・・です。

しかし、最近面白い本の読み方をしています。

一つは、「本の帯」

これが面白い。

・〇〇ドラマ化決定
・ホリエモン推薦!
・東大、京大で一番読まれた本(本当かな?)
・50万部突破
等々

本が売れないこの時代に
出版社が必死になって考えた本の帯には面白いものが多いです。
ぜひ、本屋に行ったら「本の帯」に注目してみてください。


もう一つ、これは最高の本の読み方です。
それは、・・・
本の中身を読むのではなく
本を書いた著者の頭の中身を読む!?

本を書いた著者の頭の中身を読む!?
意味不明。
どういうこと?って質問が飛んできそうですが
読んで字のとおり
「本を書いた著者の頭の中身を読む」のです。

なぜ、著者はこの本を書いたのか?
その目的は?
その決断に至るまでの著者の生い立ち等を含め
どんな人生を送ってきたのか?
を真剣に考えてみるのです。

本を出版した目的は
自分のHPに誘導し、本当に買ってもらいたい商品を売るための入り口。
単純に生きた証を世の中に残したかった。
自分が知識を、持っていることを見せびらかしたかった???
出版社がうるさく誘ってきたので、やってみた。

とまあ、今は表層をかすっただけの例ですが
著者の頭の中を、自分で勝手に読んでみる(想像してみる)のです。

著者の意図が、自分が考えた意図と同じになることはありませんが
著者の意図、本を出版した時の考え方を
自分で考えて、イメージするということは
非常にためになります。

本の中身を読むよりも
すっと勉強になると思います。


まとめ

本の読み方

・本の帯を読む
・本を書いた著者の頭の中身を読む

以上、是非試しにやってみてください

お医者さんも、僕たちの同じ人間

薬の飲み過ぎに注意

僕たち日本人は、一体どのくらい薬を服用しているのでしょうか?

気になる研究結果を見つけました。

「薬剤使用の適正化等について」です。

その中に、通院している患者さんは1処方当たり
服用する薬の種類は平均3種類で約20日間とありました。

しかも処方日数が年々増加しているとのこと。

お医者さんが、あなたに処方してくれる薬は
本当にあなたの体に合った薬を処方してくれていると思いますか?

数ある薬品会社の中から、いろんな薬が作られていますが
本当にあなたにぴったりの薬を処方してくれていると思いますか?

それは現実問題として、かなり難しい・・・。

お医者さんも人間です。
日中、多くの通院患者を診察したあと
空き時間を見つけて、日々進歩する医学の情報を研究し
お医者さんとしてレベルをどんどん上げていく努力をするのは大変・・・。

知り合いのお医者さん仲間からの情報や
診察が昼休みの合間に、セールスにくるMRの話を鵜呑みにしたり・・・。

これは僕たちの仕事も同じですね。
取引先の営業マンが来て
「うちの商品は良いから使ってくれ・・・」
と勧められ、その商品をお客さんに進める。
と似ています。


また、医学的に実証されていない薬が処方されている可能性もあるそうです。
オフラベル使用っていいます。

「オフラベル使用」というのは、日本語にすると「適応外使用」。
当局(独立行政法人 医薬品医療機器総合機構)によって承認された効能以外の目的で
医薬品を使用することです。

えっ?

承認された効能以外の目的で医薬品を使用する???

こわっ!?

医薬品に記載されている「効能・効果(適応)」は、
有効性が確かめられた疾患が記載されているのですが
そこに記載されていない疾患に対しても、
薬が処方される場合がある・・・とのこと。

全ての薬を、全ての症状において、全てテストするのは
時間も金もない・・・
そんなことをしていたら医学会の進歩が止まってしまう。

そんな気持ちは、僕たちもビジネスマンなのでわからないではない?
ある程度、失敗を覚悟しながら
小さなテストを繰り返しながらビジネスは成功する。

それが医学会もそうだったなんて・・・

100人〜1000人に一人は
立派な考え方のお医者さんがいると思いますが
大部分のお医者さんは、やっぱり僕たちと同じ人間。

家庭のためにお金を稼がないといけない。
恋愛もするし、夫婦喧嘩もする。
美味しいものも食べたいはず。

普通の人間だと思います。

僕たちビジネスマンでも
非常に高尚な気持ちで仕事に取り組んでいる人は周りに何%いるでしょうか?

お医者さんも、僕たちの同じ人間です。

他人の言うことを鵜呑みにせず
自分で調べられることは、
まず自分で調べてみる。

その上でわからないことがあれば
お医者さんに直に聞いてみましょう。

きっとお医者さんによって
かなり差が出ると思います。

今日の教訓

お医者さんも、僕たちの同じ人間

以上です。





遠回りすることが一番の近道

こんにちは。
40代サラリーマンの味方、しまたくです。

最近、哲学書にハマっています。
今まで、ビジネス書をいっぱい読んできましたが
なんかつまんない・・・

目次を見たら、おおよその中身の憶測がつき
実際に読んで見ても、そのとおりで新鮮味がない。

本は中身を見るよりも
本の帯を見る方が面白いかも・・・

だって出版社は、本の内容よりも
本を売ることに必死なので
自然と「本の帯」に全力を注ぐようになるからです。

ビジネスに強くなりたいなら
「本の帯」を読め!!!
僕の勝手な持論です。

ただ、ビジネス書に対する気持ちが日に日に無くなる一方で
哲学書に関心が出てきました。

読んでも読んでも何が書いてあるかわからない。
この本を書いた人の頭の中身はどうなっているのか?
不思議です。

ビジネス書が目次だけ見たらおおよその内容は把握できる一方で
哲学書は読んでも意味不明。

寝っ転がりながら、さらっと読めるってなもんじゃない。
2・3行読むだけで、1時間くらいかかったりする。

そこが哲学の面白いところ。

だんだんと考える癖がついてきたように感じます。

同じ 問いに答える にし も、 哲学本に触れる前後では、
物事の考え方や説明の仕方が大きく違うよにうな気がします。

それは、多分「 哲学」というものの本質のせいではないでしょうか?  

哲学 にとって大切なこと ・・・
それは、「◯◯である」という事実 よりも、
「 なぜ ◯◯なのか?」 という理由を考えることにあります。

要するに決まった一つの答えを導くことではなく、
「 考えること」 自体 が 目的 だからです。

「なぜ ◯◯なのか」と 考える癖をつけることで、
今まで、曖昧だった世界がにクリアになる。

その場しのぎの対処療法的な問題解決ではなく
その場にある問題を自分の頭で見つけ出し、
根本的な解決策が見出せるよう に なる 。

そんな効果が哲学にはあるのではないでしょうか?

『 死』 とはどういう こと か?」
「何故、人を殺してはいけないのか? 」
「カネがあると幸せなのか? 」
「『 周りが 正しい』と言っていることは本当に正しいのか?」
「『 普通』って誰が決めるのか?」

などなど、 さまざまな問題があります。

哲学書を読んでいく中で
「自分なりの哲学」が でき上がってくるといいですね。

ぜひ、あなたも気になる思想家の哲学書を読んで見てください。

これからも、 あなたは人生の中で多くの判断を迫られるはずです。
「 起こった問題について悪いのはどっちか?」
「 この人の命令に素直に従うべき なのか?」
「 今の自分の何を変えるべき なのか?」

それぞれの判断 は、自分の経験をもとに
意識的、無意識的をどちらかはともかく決めることになります。

その際に、頭の中に多くの哲学的な考え方が身についていれば
あなたの判断の選択肢が増え、 人生に深みが出てくるかもしれません。  

哲学って本を読んでも何もわかりません。
暗記しても、書き写しても何の意味もありません
自分の頭で考えて実際に使ってナンボの世界です。

そうやって悩みや問題を解決していくのです。

手っ取り早く結果を出したい・・・
そんな気持ちはわからないではないですが
遠回りでも物事の本質に触れられる哲学書を読むことをお勧めします。

一朝一夕にはいきませんが、遠回りすることが一番の近道だと思います。

ぜひ、哲学書を深く読んで考えたことを 日々の生活に役立てみてください。

あなたの人生が激変することになると思います。

ではでは。

見込み客とターゲットの違い

見込み客とターゲットの違い

普段、営業の仕事をやっていますが
見込み客というのを勘違いしている人が多い。

営業マンであろうと起業家であろうと、多くの人が勘違いしていること。
それは、見込客=ターゲットだって思っている人が多いと思います。

見込客さんというのは、
一つは、お金を払う心の準備が出来ている人
もう一つは、その問題を払ってでも解決したい人という人

この二つを持っている人が見込客になります。

ほとんどの人はこの見込客を勘違いして
見込客=ターゲットだって思っている人が多いと思います。

ターゲットっていうのは、特定の市場をセグメントすること
あるいは共通項を探すということで
それ自体は、いい考え方なのですが、
その人がお金を払うか払わないかってところが抜けています。

よくありがちですが、
・ターゲット→見込み客ではなく
・見込客の中→ターゲット
っていうのが正解です。

上手くいかない人は、ターゲットをまず決めてから、
見込客さん かな? 見込客さんじゃないかな? と考えてしまう・・・

そうじゃなくて

まず見込客さんというのをまず把握した上で、そこからター ゲットを絞るのです。

見込客さんかどうか?
お金を払う意思があるのかどうか?っていうのが大事なのですよね。

そこを無視して、 ターゲットとか考えても全く意味がないのですよ。
お金を払う意思が無い冷やかし客を絞りこんだところで、
冷やかし客は冷やかし客で変わらないです。

ですから営業マンは、まずは見込客をベースに考える。

その見込客というのは
まずは、お金を払ってでもその問題を解決したい人。
もう一つは、商品を買う心の準備が出来ている人なのですよね。

この二つが該当する人が見込客になります。
その見込客を把握した上で、ターゲットをまず絞っていくというのが大事です。

見込み客とターゲットの違いわかりましたか?

次回は、その見込み客の探し方についてお話したいと思います。

高血圧のあなたへ・・・その2

高血圧のあなたへ その2

高血圧になると、いろいろな薬が処方されます・・・
というのは、前回お話ししたとおりです。

血圧を下げるために
・心臓の動きを弱める薬
・血管の中の水分を減らす薬
・血管の伸縮作用を阻害する薬
等が処方されます。

これらの薬を飲むと実際に血圧は下がります!!!
しかし、一時的に・・・です。

血圧が上がっている原因をそっちのけにして
目の前に見えている症状だけを治す・・・
治すのではなく、和らげる処置をしているだけなのです。

血圧が上がった原因は一体何なのか?

・ストレスが溜まっている
・睡眠不足
・食事が悪い
・水分が足りない
・運動不足

など、何が原因になっているか?

その根本的な処から始めないと病は治らないです。

症状を弱めるための薬を飲むと
必ず副作用が起きる。

その副作用を治すために、また他の薬が処方される。
またその薬を飲むと副作用が起こる。

また、その副作用を治すために、また他の薬が処方される。
またまた、その副作用を治すために、また他の薬が処方される。

と・・・

副作用と薬の無限ループ状態に陥るのである。

根本から治さないと、目の前の問題を先送りしているだけ。
僕たちの身の回りでも多々見受けられます。
会社でも、家庭でも、恋愛でも・・・

挙句の果てに、どうなるか?

手術を勧めらます。

その一例が、「血管カテーテル」と言って
血管の閉塞部を押し広げる手術があります。

ガイドワイヤーという、細く柔らかい針金のようなもの血管に入れて
そのガイドワイヤーに沿ってカテーテルを入れていく。

カテーテルというものの先端にはバルーン(風船)がついていて
患部にたどり着いたら、そこでバルーンをふくらせます。

するとふくらんだバルーンにより、
狭くなった血管は押し広げられ、血液の流れは改善するという仕組み。

医学ってすごいなあーと感心する一方で
体の中に人工の風船が入るのかも思うとゾッとしました。

人間の治癒力を阻害しているような気がしてなりません。

目の前にある症状ではなく、根本から治す。

体も、ビジネスも、家庭も・・・

強くそう思いました。


ではでは。

年収1億円とは?

年収1億円とは?

突然ですが、あなたはいくら稼ぎたいですか?

毎月のお小遣いになる10万円。
それとも大きく月収100万円。
いやいや年収1000万円は稼ぎたい。

と人それぞれ色々あると思いますが
「一切、今までの経験やしがらみを無くして
本当にいくら稼ぎたいですか?」と聞くと
ほとんどの人がこう答えるようです。

「年収1億円稼ぎたい」と。

年収3億円でも、年収10億円でも無く

「年収1億円稼ぎたい」という答えが返ってくるようです。

あなたも誰にも話さないし、人に見せることはないから
本当に稼ぎたい金額を書いてください、って言われたら

「年収1億円稼ぎたい」ってなる可能性が高いと思います。

本屋に並ぶビジネス書
「年収1億円思考」とか
「クビでも年収1億円」とか
「株で1億円」とか

ネット上で出回っている怪しい?情報商材の謳い文句を見ていると
「FXで1億円」とか
「1億円転売トレーダー」とか
「YouTube1億円集客術」とか

やたらと「1億円」という言葉が出てくるので
世間一般の人の多くは「1億円」というのが一つの目標値になっているようです。

僕もその中の一人ですが・・・

今回は、その「1億円稼ぐ」ということがどのくらいの難易度なのか?
考えてみました。


世間一般の人が言っている「1億円稼ぎたい」という漠然とした気持ち。
その「1億円稼ぐ」ということが、
どのくらい難しいことなのかを数字で分析してみたくなりました。

さて世の中に年収1億円稼ぐ人というのは何人いるのでしょうか?
国税庁のホームページを見ると
年収1億円以上稼いでいる人の数は約17000人
日本の総人口は1億2000万人
実際に働いている人の数は、その半分の6000万人だとすると
3500人に1人の割合。
約0.0028%しかないんです。

しかし、年収1億円稼いでいる人の17000人の中で
給与や事業所得で稼いでいる人は、その半分しかいないんです。

残りの半分は相続資産とか不動産収入とか親の七光りっぽいもので
稼いでいる人たちになります。


ということは、
これから独立して事業を始めようと思ったあなたが
1億円を稼げるようになるには
0.0014%
7000人の中で一番にならないといけないということになります。

100人中1番でも、1000人中1番でも
年収1億円にはなれない。

ちなみに年収1億円稼いでも
半分は税金で国に持って行かれます。

また、ネットビジネスで「年収1億円稼ぎました」
という謳い文句をよく目にすることもあると思いますが
少し胡散臭くて「年商1億円」なのに
「年収1億円」かのように書かれているものも多く見受けられます。


少し脱線してしまいましたが
年収1億円というのは簡単ではないことがわかります。

「年収1億円稼ぎたいです」と言いながら
(思いながらでもいい)
鼻歌交じりに、ちょこちょことネットで作業して
一日たったの15分で3ヶ月後に1億円・・・なんて稼げるわけがない。

野球に例えると
「僕は甲子園に出場するのが目標です」と言いながら
練習は毎日素振りを15分だけしかしない
とかいうようなものと一緒です。

今度は、英語に例えると
「英語を勉強して国連で働きたい」と言いながら
一日15分、聞き流すだけ・・・とかいうCDを聞いているだけと一緒です。

目標は高いのに、やってることがおかしい。

思っていることと、やってることが違い。

思うんだったら達成するための行動をとればいい。
行動しないなら、最初から思うなってこと。

年収1億円というのは
7000人に一人の割合。

周りの人と同じことをしてても
一般大衆と同じことを考えていても絶対にできませんね。

成功する人は圧倒的に少数派だから。

・人とは違う行動量をとる
・人とは違った情報源を持つ

あとは、目先の欲に、本当に成功したいと思っている自分が負けない。

これに尽きると思います。

7000人に一人の1億円を稼げる自分になるために
体と脳みそに汗をかこう。


ではでは、今日はこの辺で・・・

中学生2年生の息子へ単身赴任のパパより


毎日、テニスの部活に塾にお疲れさん。
ある意味、大人よりも今の子供たちの方が大変かもしれない・・・
と思ったりもします。

いい高校に行っていい大学に出て、大企業に就職する。

大企業に入ったからと行って
それで人生が成功ってわけでもない。

学歴が高くても、全く仕事ができない輩は
たくさんいます。

いい高校→いい大学→大企業

その世の中は変わりつつあって
そんなレールに敷かれたような人生を送っている人間なんてつまんない
会社なんかに寄りかからなくても生きていける力が必要!!!

とはいうものの

いい高校→いい大学→大企業

それが今の日本の社会の風潮なのだから
その流れに抗うのは難しい。


そんな時代に生きる長男へ・・・


中間テストとか、高校受験とか、入った大学で
人生の全てがは決まるわけではない。

テニスで優勝したらカッコいいけど
人生の全てが決まるわけではない。

ただ勉強しなくてはいけない時に、
練習をしなくてはいけない時に
どれだけ勉強や練習するか、どうやって勉強や練習するかってのは
今後の人生に大きく影響してくる。

これは、大人になってからかなり響く。
パパは40代の後半になって気が付いた。

今、テストのため一生懸命に勉強してたら、
試合に出るために必死になって練習してたら、
自分の弱いところも出てくるし、自分の嫌な癖も出てくる、
自分の短所もいっぱい出てくる。

それに対してどう向き合うか、それをどう克服するか、どう乗り越えていくか。

後々の人生に必ず影響する。

その時に、どうやって気持ちを切り替えたか?
どういう勉強や練習の仕方をしてみたか?
その壁の乗り越え方がわかるようになる。

どれだけ勉強に関して、テニスに対して一生懸命やったかってという事は
ウルトラマストに大事なことです。

人生長く生きていると社会人になった方が
乗り越えないといけない壁は多いから。

営業の仕事、上司との人間関係だけでなく
夫婦の中でも、嫁姑関係でも
何かと困難なことは、いっぱい出てくる。

学校の勉強よりも、テニスの試合よりも、
社会人になったほうがもっと勉強することが多くなる。

乗り越えないといけないことがいっぱい出てくる。

だから、どんな高校に行くとかどんな大学に行くとかは、もちろん大事。

ただ、今の受験勉強をどうやって取り組むか、
テニス新しい技術をどうやって身につけ、試合に勝てる精神力を付けていくのは
大人になってからの
勉強・仕事・悩みを乗り越える際の「雛形、土台、モデル」になる。

ちゃんとした雛形や土台を作ったら、
今、試合で負けようが、受験に失敗しようが全く問題ない。

学生時代に培った土台や雛形があったら
社会人なってもその土台によって、
いろんな壁を乗り越え、ちゃんと活躍出来るようになると思う。

テスト勉強やテニスを通して 、今のうちにちゃんとした土台を作って欲しい。

頑張ってね。

単身赴任のパパより

高血圧のあなたへ・・・

こんにちは・・・

健康にめっちゃくちゃ気を使ってる僕ですが
最近、高血圧に悩んでいます。

40代サラリーマンとはいえ、今年で49歳。
体のあちこちに歪みが出てくるのも止むを得ない。

心配になったので高血圧について調べてみました。
っていうか、ネットで調べたら何処にでも載ってます。

高血圧になると・・・
脳卒中や心筋梗塞など重大な疾患を引き起こす可能性がある
とのこと。

昔の上司にも、そんな病になった方がいらした。
気をつけたいもんです。

僕が、このブログで高血圧について書いても
この浅薄な知識では意味ないので
もう一歩先のことを調べてみました。

それは・・・

高血圧になった時に
お医者さんから処方される薬を呑んだ時の副作用について
あちこち調べてみました。

結構、えげつないです。

主に4つあります。

・利尿剤
・カルシウム拮抗薬
・交感神経ベータ受容体遮断薬
・ACE阻害薬

以上の4つです。

1つ1つ見ていきましょう。

利尿剤

利尿剤は、体内の塩分を水分と一緒に排出してくれるので血圧が下げる効果があります。

もう少しわかりやすく言います。

塩辛いものを食べると喉が渇きます。
それは、塩分を多く摂り過ぎると、体内の水分量も増えているという証拠です。

余分な水分は尿として排泄されます。
このときに必要になるのが、多くの尿を出すため心臓のポンプ機能です。

多くの尿を排泄するためには、ポンプを力強くしないといけないので
心臓から拍出される血液量が増え、その結果血圧は上がります。

利尿薬を飲むとその作用により体内の水分量が減り、
心拍出量が減って血圧は下がるということになります。


そんな高血圧を下げるために代表的な薬である利尿剤。


利尿剤の副作用については主に以下の通りになります。
・めまい
・ふらつき
・倦怠感
・脱力感
以上の副作用があげられます。
 
またお薬の効果が効き過ぎた場合、
脱水を引き起こしたり、血圧が下がり過ぎることがあるといわれています。
 
更に、利尿剤の重大な副作用として
腎機能障害を起こす場合があるとも言われています。
その場合には、尿が出なくなるなどといった症状も出てくるそうです・・・

怖いですね。


カルシウム拮抗薬

カルシウム拮抗薬は、血管を拡げることによって
血圧を下げることができる薬です。

カルシウム拮抗薬の副作用は、
頭痛、動悸、胸やけ、ほてり、むくみ、血糖値の上昇、うつなど。

これが比較的、副作用が少ないように思えます。


交感神経ベータ受容体遮断薬


これは難しい医学用語が多くて説明しにくいのですが
簡単にいうと

心臓の働きを抑えて血圧を下げる薬。

血液を送り出す量を減らして、
血管における血液量が減少することによって
血圧を低下させる薬です。


交感神経ベータ受容体遮断薬の主な副作用

精神神経系症状
めまい、頭痛、不眠、眠気
消化器症状
吐き気、食欲不振
うっ血性心不全
呼吸困難、喘鳴・・・

この薬は、怖い・・・


ACE阻害薬

血圧を上げる物質をつくらないようにして血圧を下げる薬です。

アンジオテンシンⅡという、
血管を収縮させたり、血液量を増やす作用があり、
血圧を上げる働きをしているものがあります。

このアンジオテンシンⅡは、
アンジオテンシン変換酵素(ACE)の作用を受けて作られます。

よってACEを阻害すれば作られません。
それがACE阻害薬の働きです。

アンジオテンシンⅡが作られなければ、
血管は拡がり、血圧が下がるという薬です。


主な副作用は

めまい、頭痛、不眠、眠気
突然の高熱、さむけ、のどの痛み
急にくちびる、まぶた、口の中が大きくはれる
空咳や咽頭部の不快感

以上、高血圧になった時にお医者さんに処方される
代表的な薬を4つ調べて見ました。



どれも、血圧が下がるのと引き換えにとんでもない副作用がありますね。

調べれば調べるほど、怖くなってきました。


薬に頼らずに自然に治癒できる力のある
自分の体と、本当に仲良くしたいと思いました。

40代のあなた、健康に友達より健康で長生きしたいと思いませんか???






ビジネスは積み重ねではない


上手くいかない人っていうのは、
ビジネスは一つ一つの積み重ねれば上手くいくっていう風に考えてしまいがちです。

例えば、自分は最高の商品を持っていて
もちろん見込み客が沢山いて、
その見込み客の悩みも、きちんとリサーチできていて
ライバル調査もこれだったら勝てるっていう場合があったとします。

自社商品+見込み客集め+見込み客リサーチ+ライバルリサーチ

という最高の状態です。

だけれども、タイミングがずれると全く売れないんです。

例えば、中々手に入らない
AKB48のコンサートの最前列のチケットをヤフーオークションで
たくさん手に入れたとします。

希少性が高いので、すぐに完売しそうなものですが
コンサートが終わった後、そのチケットは全く価値がなくなりますよね。


また、あなたが、大きな公園の近くで最高に美味しいかき氷を売っているとします。
夏場なら「かき氷」を食べてたい人なんて山のようにいると思います。
しかも他に「かき氷屋さん」が全く存在しなかったとすると
自分の一人勝ちですよね。

最高のかき氷+見込み客の数+暑いの嫌+ライバルなし・・・

自社商品+見込み客集め+見込み客リサーチ+ライバルリサーチ+タイミング

ただ、最後の一つ、このタイミング・・・夏場を過ぎると全く売れません。
ビジネスっていうのはタイミングが大事なんです。


商品だけあってもしょうがない。
商品を買いたいという見込み客の数もいります。
そのお客様の悩みや願望を把握していることも大事。
ライバルのことを、調査するのも必要です。

そこにいる見込み客の問題を解決できる人が勝ち残ります。
それをどのタイミングで言うかが一番大事になります。

つまり、
自社商品+見込み客集め+見込み客リサーチ+ライバルリサーチ+タイミング

ではなく

自社商品×見込み客集め×見込み客リサーチ×ライバルリサーチ×タイミング

そう、ビジネスは最後のタイミングを間違うと0になってしまう可能性もあるのです。

ビジネスは足し算で考えるのではなく
ビジネスは掛け算で考えるのが正しいですね。


ビジネスは全て掛け算という考え方をすると、
一つでもその要素が落ちてしまうと、
全く売れなくなってゼロになってしまうこともあるので、
一つ一つを注意をしなければいけないということなんですよ。

もう一回言いますね。

最高の自社商品。
見込み客の数。
お客様のリサーチ。
競合他社のリサーチ。
最後にタイミング。

ビジネスは、 色んな要素が掛け算で構成されている。
一つでも間違えば、売上がゼロになるっていうことを覚えておいてください。

腐らなくて、カビないパンとおにぎり

今回、お話しすることは、健康に気を使っている人にとっては
ごくごく当たり前の話になります。

知らない人にとっては、大事な話になりますが
話を読んでも、そのまま鵜呑みにすることなく
ご自身でも、色々調べてみてください。

あなたは酵素って聞いたことありますか?

私たち人間は酵素があることによって生きていることが可能になります。

人が生まれながらにして持っている酵素の量は限られているそうです。
ですから酵素が減って無くなってしまうと死んでしまうのです。

酵素は使われるのが大きく2つあります。
1つは消化酵素といって、食べ物を消化するための酵素です。
食べ物を分解し吸収するために使う酵素になります。

もう一つは代謝酵素。
新陳代謝の代謝、これは心臓とか肺とか肝臓とか、
人の臓器を動かすために使われる酵素になります。

あなたは、長生きするために、
どちらに酵素を使ったほうが良いと思いますか?

少し考えればわかることですが
食べ物を消化するために大事な酵素を使うのではなく
臓器を動かすため、つまり新陳代謝に使ったほうがいいですよね。

あなたが、普段から消化の悪い食べ物ばかり食べていると
どんどん無駄に酵素に使ってしまい
あなたの寿命を縮めていることになります。

では、どんどん無くなっていく酵素を吸収するにはどうしたらいいでしょうか?

それは、なるべく天然のものを食べるということです。
生のもの、生肉や生野菜、果物を食べると良いと言われています。

酵素は加熱処すると無くなってしまうので生のまま食べるのがいいです。
ただ実際のところ、生肉を食べるとお腹を壊してしまう・・・
中々、加熱処理しないで生物(ナマモノ)を食べるというのは難しいですが
酵素を吸収するという目的に特化するからナマモノが一番です。

野生のライオンなんかは、いちいち肉を加熱しないで
そのまま食べますよね。
もし加熱してから肉を食べてたらライオンはもっと早く死んでしまいます。

まあ生肉はともかく
果物や野菜なら食べる事は可能なはず。
果物や野菜には酵素がたっぷりあります。

あなたのお知り合いの人が病院に入院した時に
お見舞いにはフルーツを持って行きますよね。
誰も消化の悪いお肉を持っていったりはしないはず・・・。

ちなみに、果物は普通に置いてあったら、自然と腐ってきますよね。
それは酵素がたっぷりあるからです。
そういったものがお腹の中に入ると自然と腐って
分解吸収されていくと言うことです。

逆になかなか腐らないと言うものもあります。
コンビニエンスストアなどに置いている食品に多いのですが
例えば、「ふわふわのパン」とか「ツヤツヤのおにぎり」がそれに当たります。

一見、口に入った瞬間は、おいしいんですけれども
喉元を通った瞬間に、「オェっ!」となります。

それは「ふわふわのパン」や「ツヤツヤのおにぎり」には
腐らないように、その表面に、いろんな防腐剤や添加物が降りかけられているからです。

腐ってしまったら商品にならない。
長持ちしないといけないし
万が一腐っものを陳列させていたら大問題なので
カビない、腐らないための処置なのでしょうがないのですが

食べ物が、何日たっても
腐らないとかカビが生えないと言うのはおかしいと思いませんか?

何日間おいてもカビが生えない腐らないと言うのは
それがお腹の中に入っでも腐らない分解できないということです。

という事は大量の消化酵素を消費してると言うことになります。
あなたがこれから健康な体でいたいと真剣に思うのであれば
なるべく消化の良いものを食べる事、
そして添加物や防腐剤を振ったもの食べないようにしたほうがいいと思います。

僕はこれを気にするようになってから病気にならなくなりました。
もう3年間ぐらい病院に行ってません。

ぜひスーパーやコンビニで買い物する時は
裏の成分表示を見て、気になる用語や、わからない言葉があったら
手元にあるスマホで、ちょっと検索してから
買う買わないっていうを決めるようにした方がいいと思います。

それだけでかなり体調が良くなると思います。

酵素、、、、ぜひ今日から気にして見てください。

長生きとSEX?

突然ですが、あなたは長生きしたいですか?
僕も、もうすぐ50歳。
人生も折り返して地点を越えてしまいました。
(実は100歳までは元気に生きようと目論んでいますが・・・)

若い頃は、いつ死んだっていい。
長生きなんてしたくない。って思っていました。
というか、死んでしまうということに、全く関心がありませんでした。

しかし、今は長生きしたいと本当に思うようになりました。

長生きするには、健康な肉体は欠かせません。
だから日々の運動や食事には、かなり気を使うようになりました。

病気で衰弱している人や認知症でボケてしまって人生を終える・・・
そんな死に方はしたくないです。

多分、いつ死んでもいい、長生きなんかしたくない
と思っている人は、老人になってから
病院にお世話になりまくって、痴呆症になって
家族や周りの人たちに迷惑をかけるイメージがあるのだと思います。

歳をとってからだけではなく
生きている今があまり面白くない人生なのかもしれません。

不健康で、会社で怒られて、家族にもあまり相手にされていなくて・・・
そんな毎日だったら、長生きしたいと思わないですね。

美味しいものを沢山食べて
好きなスポーツをして健康で
社会に出たら尊敬されていて
家族も平和で幸せなら、いつ死んでもいいなんて思わないはず。

たとえは悪いですが
綺麗な女性とセックスしていたら
少しでも長く続けたいと思いますが

ブッサイクでデブでブサイクな風俗嬢?なら
一刻も早く、その場から逃げ去りたい・・・
と思う気持ちと同じなのではないでしょうか?

健康な肉体
これは長生きするというためだけではなく
今、この瞬間を素晴らしい一日にするためにも欠かせないものです。

お金よりも、対人関係よりも、アイデアが閃く頭よりも、精神的な強さよりも
大事なものです。

だってお金があっても、不健康で病気がち毎日なら楽しくないですよね。
顔が青白くて、息が臭くて、お腹がぼてっとしている人の話には
どんなにいいアイデアでも、耳を傾けたくないですよね。

やっぱり背筋がピシッと伸びて
肌艶が良くって、明るい笑顔の人とビジネスパートナーになりたいものです。

若い頃、会社には、不摂生の大酒飲みで
何でもかんでも雑(大雑把)だけど営業の仕事はよくできたっていう
先輩や上司は多かったのですが、一時(いっとき)だけで
今はどこかに昔の栄光のみる影もなくなっています。

健康な肉体に健全な精神が宿る。

そんな健康を手に入れるための情報を発信して生きたいと思います。

商品は壁???

商品は壁 ???


化粧品、ダイエット食品、お金儲けのノウハウ、女の子にモテてる方法・・・
極秘の情報だとか、世界では有名だけれどもまだ日本に入ってきていない商品とか、なんか、胡散臭い商品案内をよく見かけますね。

「これを買ったら最高。あなたの人生変わりますよ、だから 買ってください」
という謳い文句。

でも、どんなに商品が最高でも売れないものは売れない。

結局、お客様は何が欲しいのかっていうと、あなたの扱っている商品やサービスでは無く、その先にある願望だったり、痛みを解消したいと思っているだけなんです。

商品はあくまでその願望をかなえるための過程でしかないのです。

お客様→商品→結果(願望・悩み解消)

商品が真ん中に入ってます。
願望に対して、あなたの商品が壁にな ってます。
この、壁が大きくなればなるほど、機能だとかデザインとかにこだわるほど、
自分の商品に対する思いを伝えれば伝えるほど、壁が大きくなって
お客様は願望を叶えにくくなってしまいます。

お客様と言うのは、商品がなくても、願望がかなえれば、それでいいんです。
だから商品は壁で、そしてその願望を手に入れるツールが 商品だっていう位置づけになります。

例えば、お客さんがモテたいっていう願望を持っているとします。
お客様の願望はモテたいだけなんです。

販売者はじゃあ、カッコイイ体になれるサプリを売っているとします。
すると、効果効能だったり、成分だったり、味だったりデザインだったり
色々、特徴を並べ立てます。

ただお客様には、そのサプリメントは別に欲しくないのです。
ただモテるようになりたいだけなのです。

ただこれが、サプリメントを買ってもらわないと、お金が自分に入ってこないので
自分は商品最高最高って言ってしまうのですけれど、
実は言えば言うほど、壁が大きくなって
お客様はその願望から遠のくことになります。

お客様は結果だけ手に入ればいいんですよね。
モテるようになればいいのです。

別にサプリメントじゃなくても、筋トレマシーンでも
口説き方のテクニックでも、
モテるようになるためには
いろんなものが位置づけすることができるってことなのです。

だから商品にフォーカスするのではなくて、お客様の手に入れたい願望だったり
結果にフォーカスすることによって自分の商品である必要がないということなのです。

ですから
まずは商品ありきでは無く、
お客さんが何を求めているかっていうのをきちんと把握して、
それに対してお客さんにメッセージ発すること。

もう一回いいます。

お客さんはそもそも商品は欲しくないんです。
機能をどれだけよくしたところで、いらないものはいらない。

だから、まず、商品ではなくお客様の頭の中を把握するようにしてください。

ビジネスにお金は不要

ビジネスにお金は不要?

ビジネスにお金はいらないということについて考えて見ました。

この世の中、”物”や”サービス”のあらゆるものに価格が付いています。
僕たちは、それに相応するお金を払うことで、
それらの”物”や”サービス”が手に入るようになっています。

お金があれば、それらの”価格が設定されている”物”が
なんでも手に入るようになっています。

でも、もしお金で何も買えない世の中になったら
お金に価値が無くなり、ただの紙切れとコインになってしまいます 。

例えば、大震災が起こって物流が止まり
どれだけお金があっても、食べ物もガソリンも手に入らないような状況になれば
誰も”お金を欲しい”とは思わないでしょう 。

しかし、今のごく普通の世の中であれば
”お金があれば、欲しいものが何でも手に入るから”
大部分の人は「お金が欲しい」と思うのですね 。
人は、”価格”と”その金を支払って得られる「もの」を比べて、
もの>価格になれば、交換します。

原始時代に戻ってみたいのですが、昔にお金ってなかったですね。
それをどうやって生活していたかというと、物々交換です。

例えば、
獣の肉を獲った人と川で魚を獲った人と野菜を作ったがいたとします。
しかし、肉を獲った人が、ずっと肉ばっかり食べていたら飽きちゃいますよね。
たまには野菜食べたくなりますよね。
その時に、物々交換をするのです。

それでも、相手が持っているものの中に
自分が交換したいものがない場合に困るので
その交換をするツールとしてお金っていうのが出てきた訳です。

昔は、お金って石や貝殻だったりしたのですが
お金は、肉や野菜や魚と違って腐らないですね。
保存が効くのです。

ですから、自分が欲しいものを見つけた時に
お金と欲しいものを交換するのです。

要するに、お金は単なる交換するツールというだけのもので
お金そのものには価値は存在しないんです。

こう考えると、実はお金を払わずに欲しいものが手に入れる事もできるのです。

例えば、デザインが得意な人と文章を考えるのが得意な人が
これからホーム ページを作りたいと思ったのであれば
それぞれお互いの得意な分野を交換すればいい。

それがマッチすると、お金を払わずにホームページを作ることだって可能になります。

ビジネスの相手が、何を望んでいるかを知ればいいのです。
そうすると、そのビジネスのお金という媒体を使わずに
相手が欲しいものと、自分が欲しい物が交換出来るのです。

しかも、お金という媒体を使わなければ税金がかからないというメリットもあります。

自分が欲しい物が明確になっていて、
相手が欲しい物を叶える事ができれば、
お金っていう物は無くて済むっていう事なんです。
相手が交換するものを持ってない時に限って
お金という媒体を使って交換するんですね。

ですから、相手に価値を与えることができる人は、
自分の欲しいものをタダで手に入れる事もできますし、
逆に価値交換を持っていない人はお金を払うしかない。

相手が何を欲しがっているのかな?
何に対してお金を払いたがっているのかな?
というのを知ること。

これがわかれば、お金を手に入れる事は可能になります。
ビジネスもこの根幹の部分を外さないで欲しいですね。

主人公になりきる

僕は基本的に滅多苦茶前向きだと思っています。
というか、自分で勝手に思い込んでいるだけです・・・

ただ本当のところは、そんなに前向きという訳では無くて
僕に起こったことは全て
「価値のある経験」
にしていきたいと思っています。

起こったこと、起こってしまたことに対して
後悔したくないだけです。

今まで、スポーツで負けたことも
好きな女の子に振られたことも
仕事でミスをして周りに迷惑をかけたことも・・・

その時は、すごく嫌でしょうがなかったことも
短いもので半日
どんなに長くても3日もあれば
勝手に自分でいいように解釈して自分を納得させて
次に進むようにしています。

起こったことは必然。
過去にやってきたことの延長線上に
今の起こった出来事がある。

いちいち起こった出来事を後悔してたら
過去の自分を否定しているような気がして
自分が惨めになってしまいます。

なので、嫌なことが起こったら
自分のために起こった・・・と思うようにしています。


自分の人生は1度しか無い。
当然、似たような局面があっても
その瞬間に持っている考え方や体力は
その時々で異なるので
全く同じは瞬間というものは2度と来ないものです。

麻雀の配牌が全く同じものがくる可能性はほとんどないと言われていますが
僕たちの目の前で起こっている瞬間は、2度と来ない貴重な瞬間です。

あんなことしなければよかったとか思って、くよくよ後悔するよりも
起こってしまったことはしょうがない
こんな嫌なことがあったおかげで次があると・・
自分の都合のいいように前向きに解釈した方がいいですね。

具体的にどうするか?っていうのは難しいのですが
「物語の主人公になりきる」
というのがいいと思います。

「物語の主人公になりきる」というのはどういうことか?

物語の主人公は、どんな嫌なことがあっても必ず困難を乗り越えるし、
たとえ一時的にダメになったとしても、
何らかのミラクルが起きて最後には必ずハッピーエンドを迎えますね。
(たまには意地悪な漫画もありますが・・・)

最終的にハッピーエンドになることは
映画の視聴者や本の読者はわかっていると思います。


例えば、たいていの恋愛ドラマの主人公は、
どんなに周りから意地悪されても、絶対にめげないで最後は幸せになることは
視聴者の全員が分かっています。

主人公補正がかかっているのです。

仮面ライダーだって、ウルトラマンだって
ワンピースのルフィーだって、ドラゴンボールだって
どんな絶体絶命の窮地に追い込まれても、
最後には、何らかの奇跡が起こって助かるに決まってるよな・・・
と分かってながら僕たちは見ているはずです。

まあ、ちょっと覚めた目線ですが、本当にそうです。

実際に物語を作っている作者自身も、その視点を持って書いていると思います。

僕たちが、この目の前で起こっている出来事の
「物語の主人公になりきる」ことができたら

例え、今どんなに辛くて嫌な事があっても、
「これはきっと後からこの経験が生きる筈(だって主人公なんだから)」
と思えるし、

自分を邪魔する人が現れても、
「この人は自分を成長させるきっかけを作ってくれている
(だって自分は主人公だし)」

と思えるようになります。

そう思うのが習慣になると、
今度から自分は
「主人公らしく生きよう」
と考えるようになります。

主人公はこんな事するわけないよな、とか、
主人公なら絶対こう考えるよな、みたいな感じで、
自分を少し上から俯瞰して客観視して
自分の物語を読んでいるような気分になり
主人公になりきった行動を取るようになります。

主人公はいつでも物語の中心にいて、
皆に応援され、愛され、
次にどうしたらいいのか?
というヒントをまわりからドンドンもらいます。

そうなんです。
主人公は常にまわりの人達から応援されるのです。

「物語に主人公になりきる」
そう自分にコミットできた時、
まわりから次々とヒントが貰え
ハッピーエンドを迎えられるようになります。

ぜひ、あなたの物語の主人公になりきって見てください。


場を信じる

今日は、仕事の延長や身の回り等で
やらないことが、いっぱいあったけど
気になることがあったので
全部、ほり投げて過ごすことにした・・・

そう、今晩は

テニスの4大大会の一つである
全仏オープンの4回戦に「錦織圭」が出場するので
気になって何も手がつかなかったのです。

諦めて、WOWOWが大画面で観れるスポーツバーに行ってきました。

なんと第一セットは0−6とストレート負け。
昨日の格下の韓国人選手にテコづったのが尾を引いているのか
全くいいところなし。

解説者の松岡修造さんも
愛弟子の錦織がテコづっているのを観て
「突破口が見出せない・・・」とボヤいていました。

ツイッターの書き込みを見ると
テニスのことも、あまりわかってなさそうな
輩がこぞって錦織批判をしていました。
(勿論、応援メッセージも多々ありました)

ああー、このまま負けてしまうのか。
テレビを観ていた人なら
ほとんどそう思ったに違いない。
そんな試合展開でした。


ところが、第二セットの後半から少し空気が変わってきました。
第二セットの第10ゲームが転換点だったような気がします。

その第二セット10ゲームを苦戦した上でモノし
そのまま第二セットをモノにし
1−1のセットカウント。

その後、尻上がりに調子がよくなり
結局はセットカウント3−1で
見事に錦織圭選手が勝ちました。

同じテレビ画面なのに
負けそうで重た〜い空気が流れているのが第一セット
最後の第4セットはテレビの画面も
少し明るくなったように感じました。

しかし、たった2時間半の試合の中で
こうも雰囲気が変わるものなんだと実感しました。

野球でも、サッカーでも、将棋にしろ
試合の流れ、展開がどこかの地点で
180度変わる・・・
というのはよくある光景ですね。

勝った錦織圭選手は立派、感動しました。

さて、僕たち一般庶民???にも
調子が悪い、なんとなく流れが悪いってことは
よくあります。

そんな形勢がよくない中、
今回の錦織圭選手のように
逆転するにはどうしたらいいのでしょうか?

抽象的ですが

まずは、自分を信じる
そして、場を信じる

こうすればいいと思った。

「自分を信じる」というのは、
読んでのとおり「自分を信じる」です。

「場を信じる」というのは、
自分だけでなく、自分を囲んでいる周りの人、
会社で言えば同僚、
テニスで言えば観客も含めたそこにいる人全員。

本当に勝ちたいと思ったら
自分だけが頑張っても難しくて
周りを味方につけるのが肝要ですね。

よく潜在意識の本なんか読むと
みんなが憎たらしいと思って、その人を見ると結果が出ない。
逆に、頑張ってという思いを持って、その人を見ると結果が出るらしい。
これって、本当だと思います。

だからスポーツではホームは勝ちやすくて
アウェーで負けやすいんですね。

人生の流れをよくするには

自分を信じる
場を信じる

周りから応援されるような
いい人生を送りたいものです。

AI時代に生きる残るために


最近、新聞や雑誌、ニュースを見ているとAI、AI・・・
目や耳にしない日がないですね。

インドや中国人の安い労働力だけでなく
AI(人口知能)とか言ったロボットも僕たちのライバルになってきました。

単にモノを売るだけでは稼げません。
安売り競争をしないといけないので製造業だけでなく
飲食店等のサービス業も大変です。

現在は、どの業界でも、こんな流れで変化してきていると言います。
(気づいている人は気づいている)

製造産業(第二次産業)
 ↓
サービス産業(第三次産業)
 ↓
教育産業化


例えば、日本茶。

以前なら、製造する側は、ただひたすらお茶を作って売ればよかった。
しかし、これが現代のサービス産業になるとどうなるか?
お茶に関する食育活動を行なうようになってきたのです。

伊藤園グループでは、ティーテイスター(茶資格)制度を導入し
『“おもてなしの心”を大切に、お客様の豊かな食生活に貢献する』という
スローガンでお茶の教育活動を行なっています。

そうなんです。
いかに、伊藤園の考えるお茶の世界をお客様にお伝えして、
サービスの質を上げる(もてなす)かが重要になってきています。

ただ、お茶を提供するだけでなく、
「お茶とな何か?」
「お茶を使ってリラックスする方法は?」
みたいに、教育産業との融合が起こりつつあるのです。

そして、これはあらゆる業界で、あらゆるビジネスにおいて
単に自社の商品を売るだけでは無くて
「教育産業」を意識しなければ生き残っていけない状態が
目と鼻の先に来ているのです。

では、そんな中、僕たち一個人はどうしたらいいのでしょうか?

結局、勉強するしかない。

ビジネスにおいて、他人よりもお金を稼ぎたいと思うなら
”何かを与える側”にならなければならない。
ビジネスの世界では、学ばない人間は、
何も与えることができないから、与えられる側になる。
となると、当然稼ぐことができないということになります。


勿論、自分だけしか知らない情報なんてある訳ではありません。

しかし、あなたが価値を与えたいと思っている人、
その人達全員が知っているということはないのです。

むしろ、多くの人は、知らないことだらけなのです。
ですから、あなたは、世間一般的に、知っていそうな物事であっても、
それを何らかの形でそれを”学ぶ”しかないのです。

学んでいない物事を知ることはできないですからね。

あなたが学ぶべきことは、
その市場の全ての人が知らないものである必要はありません。

その市場にいる人々が知らない事を見つけ、
それを利用することで、儲けられる方法を導き、
それを”学べばいい”ということです。

どんなビジネスにおいても、これは基本になります。

世の中には、たくさんの情報が出回っています。
インターネットのお陰で、誰でも簡単にアクセスできる世の中になりました。

それらの情報をインプットして、
自分が価値提供したいと思っているマーケットやお客様に目を向け
稼ぐ方法が浮かんでくることも、
売れる商品を探したり、作ったりすることができるということです。


世の中は、教育産業化している。
であるならば、
”人より学ぶことで、人より稼ぐことができる”
ようになるのです。

AIに負けない戦闘能力の高いビジネスマンになろう。











読みたいメルマガと読みたく無いメルマガ

読みたいメルマガと読みたく無いメルマガ

僕はたくさんのメルマガ登録をしています。

アフィリエイト、株式やFXのような投資関係はもちろんのこと
恋愛や健康や法律や税制に至るまで
数十個のメルマガに登録しています。

色々と勧められる商品自体に関心があるのではなくて
そのメルマガの発行者が
一体どんなマーケティングを仕掛けてくるのか?
どんな切り口で、どんな展開で自分のところの商品を販売してくるのかを知りたいからです。

メルマガを発行している人で
売り込みがないっていう人は、皆無に近いです。
もし、メルマガが何十通も送られてくるのに
商品の売り込みが全くないなら
読んでも、あまり価値のないもの
例えば日記的な文章だと思います。

僕が知らないだけで、
中には完全に商売っ気なしで価値あるメルマガもあるかもしれませんが・・・
あれば教えてください。

そんな世の中に五万とあるメルマガ。
そのメルマガの中でも
毎回、読まずにはいられないメルマガ
今は時間がないので読めないけど
あとで読むために、重要マークをつけておくメルマガと
来たら、即ゴミ箱行き、あるいは迷惑メール登録をするメルマガがあります。

この違いってなんなのでしょう。
読みたいメルマガ、読みたくないメルマガ。
なぜか、これって直感でわかりますね。
一目瞭然です。

読んでためになるメルマガと売り込みばかりのメルマガ・・・
売り込みばかりのメルマガは、分かりやすい。
もうー、即ゴミ箱!!!

じゃー読んでためになるメルマガって?
読者にためになるメルマガの共通点は?

もちろん、読者の声をよく聞くってことが的外れな文章にならない大前提です。
読者の「悩み、不安、願望」を知る。

その上で、メルマガの発行者自身が
自分が与えた情報によって
その文章を読んだ読者にいい影響を与えているっていう感覚が大事なんだと思います。

その文章を読んだ読者が
共感してくれて、自分の商品を買ってくれる。

あるいは、その読者が読者自身だけではなく
自分の家族や恋人、会社の同僚とかに
「昨日、こんなメルマガ読んだよ」とか
自分なりに解釈して自分の言葉で説明している。

悪評ではなくて、
いい意味での情報の循環が起こるようなメルマガ。

そういったライティングマインドが大切なんだと思います。
「自分の発信した情報が循環することを意識して、
圧倒的な価値のある情報提供をする」

この圧倒的な価値というのは読者自身が決めるものなのですが
情報発信者としては10倍の価値を提供する。
そのくらいの気持ちがいると思います。


「自分の発信した情報が循環することを意識して、
圧倒的な価値のある情報提供をする」

これが、僕が、
数多くのメルマガを読んだ事で気付いた
「究極のマインドセット」です。

参考になれば幸いです。

腸和


全ては、ハーモニー



健康は、人間にとって一番大事。

しかし、西洋医学のように

内科、外科、胃腸科、耳鼻科、泌尿肛門科・・・等々

体をパーツ、パーツで分けて考えていると

ある部分が治っても、他で不作用が出て

病のイタチごっこになる。


病の無限ループに陥りお医者さんの思うツボになってしまう。


病気になったら、一部分だけ治す対処療法ではなく

その病気になっている根本から解決しないと

一生良くならない。


一部分が悪くても体全体としての調和が取れていれば

なんとなります。


そこで変な薬を飲んだりするから余計に体の調和が崩れるのです。

体もビジネスでも全体を俯瞰しながら

細部に気を配る。



全体が見えてない中で一部分だけに拘っても意味がない。


例えば、ピアノ線の一本が伸びてたら

その音は変な音になりますが

一流のピアニストが弾けば

その演奏全体としては、いいハーモニーを奏でると思いませんか?


下手くそなピアニストが、その曲全体のことを考えずに

細部に拘ったら違和感のある曲になってしまういます。




全体が調和していないといけない。

全てを一つとし考える。

その上で細部に拘る。


肉体は繋がっている。



All for ONE

One for All


ついつい、ラグビーの合言葉になってしまいましたが

まさに体は全体の調和が大事です。


調和=腸和


まずは腸をキレイにするとことから。

腸さん、腸さん、本当に長いのね♪

そうよ、キレイなら長生きね♬

ゾウさんの替え歌?

腸の話は、また今度。