Entries

ビジネスは積み重ねではない


上手くいかない人っていうのは、
ビジネスは一つ一つの積み重ねれば上手くいくっていう風に考えてしまいがちです。

例えば、自分は最高の商品を持っていて
もちろん見込み客が沢山いて、
その見込み客の悩みも、きちんとリサーチできていて
ライバル調査もこれだったら勝てるっていう場合があったとします。

自社商品+見込み客集め+見込み客リサーチ+ライバルリサーチ

という最高の状態です。

だけれども、タイミングがずれると全く売れないんです。

例えば、中々手に入らない
AKB48のコンサートの最前列のチケットをヤフーオークションで
たくさん手に入れたとします。

希少性が高いので、すぐに完売しそうなものですが
コンサートが終わった後、そのチケットは全く価値がなくなりますよね。


また、あなたが、大きな公園の近くで最高に美味しいかき氷を売っているとします。
夏場なら「かき氷」を食べてたい人なんて山のようにいると思います。
しかも他に「かき氷屋さん」が全く存在しなかったとすると
自分の一人勝ちですよね。

最高のかき氷+見込み客の数+暑いの嫌+ライバルなし・・・

自社商品+見込み客集め+見込み客リサーチ+ライバルリサーチ+タイミング

ただ、最後の一つ、このタイミング・・・夏場を過ぎると全く売れません。
ビジネスっていうのはタイミングが大事なんです。


商品だけあってもしょうがない。
商品を買いたいという見込み客の数もいります。
そのお客様の悩みや願望を把握していることも大事。
ライバルのことを、調査するのも必要です。

そこにいる見込み客の問題を解決できる人が勝ち残ります。
それをどのタイミングで言うかが一番大事になります。

つまり、
自社商品+見込み客集め+見込み客リサーチ+ライバルリサーチ+タイミング

ではなく

自社商品×見込み客集め×見込み客リサーチ×ライバルリサーチ×タイミング

そう、ビジネスは最後のタイミングを間違うと0になってしまう可能性もあるのです。

ビジネスは足し算で考えるのではなく
ビジネスは掛け算で考えるのが正しいですね。


ビジネスは全て掛け算という考え方をすると、
一つでもその要素が落ちてしまうと、
全く売れなくなってゼロになってしまうこともあるので、
一つ一つを注意をしなければいけないということなんですよ。

もう一回言いますね。

最高の自社商品。
見込み客の数。
お客様のリサーチ。
競合他社のリサーチ。
最後にタイミング。

ビジネスは、 色んな要素が掛け算で構成されている。
一つでも間違えば、売上がゼロになるっていうことを覚えておいてください。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://shimatac.blog.fc2.com/tb.php/10-8407d2b0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する