Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://shimatac.blog.fc2.com/tb.php/16-15bfad9e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

遠回りすることが一番の近道

こんにちは。
40代サラリーマンの味方、しまたくです。

最近、哲学書にハマっています。
今まで、ビジネス書をいっぱい読んできましたが
なんかつまんない・・・

目次を見たら、おおよその中身の憶測がつき
実際に読んで見ても、そのとおりで新鮮味がない。

本は中身を見るよりも
本の帯を見る方が面白いかも・・・

だって出版社は、本の内容よりも
本を売ることに必死なので
自然と「本の帯」に全力を注ぐようになるからです。

ビジネスに強くなりたいなら
「本の帯」を読め!!!
僕の勝手な持論です。

ただ、ビジネス書に対する気持ちが日に日に無くなる一方で
哲学書に関心が出てきました。

読んでも読んでも何が書いてあるかわからない。
この本を書いた人の頭の中身はどうなっているのか?
不思議です。

ビジネス書が目次だけ見たらおおよその内容は把握できる一方で
哲学書は読んでも意味不明。

寝っ転がりながら、さらっと読めるってなもんじゃない。
2・3行読むだけで、1時間くらいかかったりする。

そこが哲学の面白いところ。

だんだんと考える癖がついてきたように感じます。

同じ 問いに答える にし も、 哲学本に触れる前後では、
物事の考え方や説明の仕方が大きく違うよにうな気がします。

それは、多分「 哲学」というものの本質のせいではないでしょうか?  

哲学 にとって大切なこと ・・・
それは、「◯◯である」という事実 よりも、
「 なぜ ◯◯なのか?」 という理由を考えることにあります。

要するに決まった一つの答えを導くことではなく、
「 考えること」 自体 が 目的 だからです。

「なぜ ◯◯なのか」と 考える癖をつけることで、
今まで、曖昧だった世界がにクリアになる。

その場しのぎの対処療法的な問題解決ではなく
その場にある問題を自分の頭で見つけ出し、
根本的な解決策が見出せるよう に なる 。

そんな効果が哲学にはあるのではないでしょうか?

『 死』 とはどういう こと か?」
「何故、人を殺してはいけないのか? 」
「カネがあると幸せなのか? 」
「『 周りが 正しい』と言っていることは本当に正しいのか?」
「『 普通』って誰が決めるのか?」

などなど、 さまざまな問題があります。

哲学書を読んでいく中で
「自分なりの哲学」が でき上がってくるといいですね。

ぜひ、あなたも気になる思想家の哲学書を読んで見てください。

これからも、 あなたは人生の中で多くの判断を迫られるはずです。
「 起こった問題について悪いのはどっちか?」
「 この人の命令に素直に従うべき なのか?」
「 今の自分の何を変えるべき なのか?」

それぞれの判断 は、自分の経験をもとに
意識的、無意識的をどちらかはともかく決めることになります。

その際に、頭の中に多くの哲学的な考え方が身についていれば
あなたの判断の選択肢が増え、 人生に深みが出てくるかもしれません。  

哲学って本を読んでも何もわかりません。
暗記しても、書き写しても何の意味もありません
自分の頭で考えて実際に使ってナンボの世界です。

そうやって悩みや問題を解決していくのです。

手っ取り早く結果を出したい・・・
そんな気持ちはわからないではないですが
遠回りでも物事の本質に触れられる哲学書を読むことをお勧めします。

一朝一夕にはいきませんが、遠回りすることが一番の近道だと思います。

ぜひ、哲学書を深く読んで考えたことを 日々の生活に役立てみてください。

あなたの人生が激変することになると思います。

ではでは。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://shimatac.blog.fc2.com/tb.php/16-15bfad9e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。