Entries

読みたいメルマガと読みたく無いメルマガ

読みたいメルマガと読みたく無いメルマガ

僕はたくさんのメルマガ登録をしています。

アフィリエイト、株式やFXのような投資関係はもちろんのこと
恋愛や健康や法律や税制に至るまで
数十個のメルマガに登録しています。

色々と勧められる商品自体に関心があるのではなくて
そのメルマガの発行者が
一体どんなマーケティングを仕掛けてくるのか?
どんな切り口で、どんな展開で自分のところの商品を販売してくるのかを知りたいからです。

メルマガを発行している人で
売り込みがないっていう人は、皆無に近いです。
もし、メルマガが何十通も送られてくるのに
商品の売り込みが全くないなら
読んでも、あまり価値のないもの
例えば日記的な文章だと思います。

僕が知らないだけで、
中には完全に商売っ気なしで価値あるメルマガもあるかもしれませんが・・・
あれば教えてください。

そんな世の中に五万とあるメルマガ。
そのメルマガの中でも
毎回、読まずにはいられないメルマガ
今は時間がないので読めないけど
あとで読むために、重要マークをつけておくメルマガと
来たら、即ゴミ箱行き、あるいは迷惑メール登録をするメルマガがあります。

この違いってなんなのでしょう。
読みたいメルマガ、読みたくないメルマガ。
なぜか、これって直感でわかりますね。
一目瞭然です。

読んでためになるメルマガと売り込みばかりのメルマガ・・・
売り込みばかりのメルマガは、分かりやすい。
もうー、即ゴミ箱!!!

じゃー読んでためになるメルマガって?
読者にためになるメルマガの共通点は?

もちろん、読者の声をよく聞くってことが的外れな文章にならない大前提です。
読者の「悩み、不安、願望」を知る。

その上で、メルマガの発行者自身が
自分が与えた情報によって
その文章を読んだ読者にいい影響を与えているっていう感覚が大事なんだと思います。

その文章を読んだ読者が
共感してくれて、自分の商品を買ってくれる。

あるいは、その読者が読者自身だけではなく
自分の家族や恋人、会社の同僚とかに
「昨日、こんなメルマガ読んだよ」とか
自分なりに解釈して自分の言葉で説明している。

悪評ではなくて、
いい意味での情報の循環が起こるようなメルマガ。

そういったライティングマインドが大切なんだと思います。
「自分の発信した情報が循環することを意識して、
圧倒的な価値のある情報提供をする」

この圧倒的な価値というのは読者自身が決めるものなのですが
情報発信者としては10倍の価値を提供する。
そのくらいの気持ちがいると思います。


「自分の発信した情報が循環することを意識して、
圧倒的な価値のある情報提供をする」

これが、僕が、
数多くのメルマガを読んだ事で気付いた
「究極のマインドセット」です。

参考になれば幸いです。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://shimatac.blog.fc2.com/tb.php/2-71b3e93f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する