Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://shimatac.blog.fc2.com/tb.php/4-3d61c1a8

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

場を信じる

今日は、仕事の延長や身の回り等で
やらないことが、いっぱいあったけど
気になることがあったので
全部、ほり投げて過ごすことにした・・・

そう、今晩は

テニスの4大大会の一つである
全仏オープンの4回戦に「錦織圭」が出場するので
気になって何も手がつかなかったのです。

諦めて、WOWOWが大画面で観れるスポーツバーに行ってきました。

なんと第一セットは0−6とストレート負け。
昨日の格下の韓国人選手にテコづったのが尾を引いているのか
全くいいところなし。

解説者の松岡修造さんも
愛弟子の錦織がテコづっているのを観て
「突破口が見出せない・・・」とボヤいていました。

ツイッターの書き込みを見ると
テニスのことも、あまりわかってなさそうな
輩がこぞって錦織批判をしていました。
(勿論、応援メッセージも多々ありました)

ああー、このまま負けてしまうのか。
テレビを観ていた人なら
ほとんどそう思ったに違いない。
そんな試合展開でした。


ところが、第二セットの後半から少し空気が変わってきました。
第二セットの第10ゲームが転換点だったような気がします。

その第二セット10ゲームを苦戦した上でモノし
そのまま第二セットをモノにし
1−1のセットカウント。

その後、尻上がりに調子がよくなり
結局はセットカウント3−1で
見事に錦織圭選手が勝ちました。

同じテレビ画面なのに
負けそうで重た〜い空気が流れているのが第一セット
最後の第4セットはテレビの画面も
少し明るくなったように感じました。

しかし、たった2時間半の試合の中で
こうも雰囲気が変わるものなんだと実感しました。

野球でも、サッカーでも、将棋にしろ
試合の流れ、展開がどこかの地点で
180度変わる・・・
というのはよくある光景ですね。

勝った錦織圭選手は立派、感動しました。

さて、僕たち一般庶民???にも
調子が悪い、なんとなく流れが悪いってことは
よくあります。

そんな形勢がよくない中、
今回の錦織圭選手のように
逆転するにはどうしたらいいのでしょうか?

抽象的ですが

まずは、自分を信じる
そして、場を信じる

こうすればいいと思った。

「自分を信じる」というのは、
読んでのとおり「自分を信じる」です。

「場を信じる」というのは、
自分だけでなく、自分を囲んでいる周りの人、
会社で言えば同僚、
テニスで言えば観客も含めたそこにいる人全員。

本当に勝ちたいと思ったら
自分だけが頑張っても難しくて
周りを味方につけるのが肝要ですね。

よく潜在意識の本なんか読むと
みんなが憎たらしいと思って、その人を見ると結果が出ない。
逆に、頑張ってという思いを持って、その人を見ると結果が出るらしい。
これって、本当だと思います。

だからスポーツではホームは勝ちやすくて
アウェーで負けやすいんですね。

人生の流れをよくするには

自分を信じる
場を信じる

周りから応援されるような
いい人生を送りたいものです。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://shimatac.blog.fc2.com/tb.php/4-3d61c1a8

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。