Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://shimatac.blog.fc2.com/tb.php/7-4d21dac9

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

商品は壁???

商品は壁 ???


化粧品、ダイエット食品、お金儲けのノウハウ、女の子にモテてる方法・・・
極秘の情報だとか、世界では有名だけれどもまだ日本に入ってきていない商品とか、なんか、胡散臭い商品案内をよく見かけますね。

「これを買ったら最高。あなたの人生変わりますよ、だから 買ってください」
という謳い文句。

でも、どんなに商品が最高でも売れないものは売れない。

結局、お客様は何が欲しいのかっていうと、あなたの扱っている商品やサービスでは無く、その先にある願望だったり、痛みを解消したいと思っているだけなんです。

商品はあくまでその願望をかなえるための過程でしかないのです。

お客様→商品→結果(願望・悩み解消)

商品が真ん中に入ってます。
願望に対して、あなたの商品が壁にな ってます。
この、壁が大きくなればなるほど、機能だとかデザインとかにこだわるほど、
自分の商品に対する思いを伝えれば伝えるほど、壁が大きくなって
お客様は願望を叶えにくくなってしまいます。

お客様と言うのは、商品がなくても、願望がかなえれば、それでいいんです。
だから商品は壁で、そしてその願望を手に入れるツールが 商品だっていう位置づけになります。

例えば、お客さんがモテたいっていう願望を持っているとします。
お客様の願望はモテたいだけなんです。

販売者はじゃあ、カッコイイ体になれるサプリを売っているとします。
すると、効果効能だったり、成分だったり、味だったりデザインだったり
色々、特徴を並べ立てます。

ただお客様には、そのサプリメントは別に欲しくないのです。
ただモテるようになりたいだけなのです。

ただこれが、サプリメントを買ってもらわないと、お金が自分に入ってこないので
自分は商品最高最高って言ってしまうのですけれど、
実は言えば言うほど、壁が大きくなって
お客様はその願望から遠のくことになります。

お客様は結果だけ手に入ればいいんですよね。
モテるようになればいいのです。

別にサプリメントじゃなくても、筋トレマシーンでも
口説き方のテクニックでも、
モテるようになるためには
いろんなものが位置づけすることができるってことなのです。

だから商品にフォーカスするのではなくて、お客様の手に入れたい願望だったり
結果にフォーカスすることによって自分の商品である必要がないということなのです。

ですから
まずは商品ありきでは無く、
お客さんが何を求めているかっていうのをきちんと把握して、
それに対してお客さんにメッセージ発すること。

もう一回いいます。

お客さんはそもそも商品は欲しくないんです。
機能をどれだけよくしたところで、いらないものはいらない。

だから、まず、商品ではなくお客様の頭の中を把握するようにしてください。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://shimatac.blog.fc2.com/tb.php/7-4d21dac9

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。